家庭用商品

名店シリーズ小野員裕の鳥肌の立つカレー 「キーマカレー」

ひとくち食べたその瞬間、口に広がるおいしさはまさに「鳥肌もの」。何度食べても肌が粟立つほどの、感動の逸品。
カレー研究家・小野員裕氏は、鳥肌ものの味を求めて1000件以上のカレー専門店を食べ尽くすほど、決して味には妥協を許さない男である。今回のレトルトカレーも、専門店カレーの味を凌駕する程の最高の味を提供すべく、執念の努力の末、遂にこのカレーを作り上げました。
「カレー専門店の味を超えるレトルトカレーが可能であることを証明してみたかった。」と語る小野員裕氏の「夢」をかたちにした、鳥肌もののレトルトカレーです。

【小野員裕が語るキーマカレーの秘密】 嫌味な甘みを一切省き、素材そのものの味を十二分に抽出しました。ひき肉、マッシュルームを深い培煎にかけた玉ねぎとスパイスで煮込み、荒塩で旨味を爆発させた本格キーマカレーです。紅ショウガを付け合わせにすると一層おいしさが膨らみます。

【小野員裕(おの かずひろ)氏 プロフィール】
1959年、北海道生まれ、東京で育つ。文筆家、出張料理人、フードプロデューサーとして活躍するかたわら、日夜、カレーライスの食べ歩き、究極のカレーづくりを追求している。また、カレー以外にも食に関する造詣は深く、「魂のラーメン」(週刊朝日)などの連載をもつ。
主な著書に「週末はカレー日和」(ぴいぷる社)、「東京カレー食べつくしガイド104/380店」(講談社)、「週末は鍋奉行レシピで」・「立ち飲み屋」(創森社)がある。

電子レンジで温める場合

中袋から中身を耐熱容器等に移し、ラップをかけて約2分間(500W)温めてください。

湯煎で温める場合

中袋の封を切らずに袋ごと沸騰した湯の中に入れ、約5分間湯煎してください。

JANコード

4901012042391

ちょっとの工夫でもっとおいしく
  • ライスとルーを別々の器に盛りつけて、ルーをライスにかけながらお召し上がりください。

このページの先頭へ