会社案内

会社概要

ごあいさつ

images

エム・シーシー食品株式会社は、神戸の調理食品専業メーカーとして、常に「安全で美味しい」食品の提供をお約束いたします。
そのため、兵庫県産バジルをはじめとして、原料の国産化に向けた取り組みを進めてまいります。
お客さまにきっとご満足いただける豊富なラインナップの調理缶詰・レトルトパウチ・冷凍食品を取りそろえ、食文化の担い手として皆様のお役に立ちたいと願っております。

代表取締役社長 水垣宏隆

概要

代表取締役社長
水垣宏隆
本社住所
〒658-0023 神戸市東灘区深江浜町32番
資本金
9,000万円(非上場)
設立
1954年(昭和29年)1月
売上
132億(2016年8月期)
従業員
310名

新しい食のトレンドメーカー

images

エム・シーシー食品株式会社は「味の感動」をつくりつづけています。

ファッション都市、神戸で生まれて60年。エム・シーシー食品株式会社は、素材缶詰の時代に調理缶詰、素材冷凍食品の時代に調理冷凍食品を他社に先駆けて商品化。つねに時代を先取りしたチャレンジ精神で新商品をつぎつぎに発表してきました。1950年代の「プレザーブタイプのいちごジャム」、60年代の「調理カレー、シチュー、ミートソース缶詰」、70年代の「ナイフとフォークで食べる調理冷凍食品、クリームコロッケ」、「湯せんするだけで焼き立ての味が楽しめる調理冷凍ハンバーグ」、80年代の「調理レトルト食品群」、90年代、イタリア料理ブームを先取りした「冷凍ピッツアシリーズ」、「スパゲッティ、パスタソース」など。神戸から新しい食のファッション、トレンドを発信し、独自の業務用マーケットを築いてきました。

最近では、業務用商品で培ったプロの技を家庭用商品の中に取り込み、より多くの方々に「ほんものの味」の醍醐味、感動をご家庭でもお手軽に味わっていただける様になりました。手間と時間を惜しげなく費やし、独自のレシピと調理技術、新鮮な素材を活かして仕上げた「100時間かけたカレーなど」100シリーズ、バラエティ豊かな「スパゲッティソース」シリーズ、エスニック情緒の「世界カレー探訪」シリーズ、ボルシチをはじめとする「朝のスープ」シリーズ、特に、「味道・丹波黒」は、エム・シーシーの半世紀以上に亘る最高の缶詰技術の粋を結集した逸品です。

食の最先端情報をすばやくキャッチし、商品を独自の切り口で開発し、新しい食のトレンドを創造する エム・シーシー食品株式会社は、プロのキッチンの調理手順、伝統を受け継ぎ、「世界の味と食文化を日本へ、日本の味と食文化を世界へ」発信し続ける総合食品会社です。

エム・シーシー食品の社訓

  1. 一、何故かどうすればの積極的な考え方で日々の仕事に体当たりする。
  2. 一、製品は我々の分身であるとの信念で一つ一つの作業をおろそかにせず魂を打ち込む。
  3. 一、エム・シーシーの“世界の味”は安全で美味しいという自信ある製品をつくりお客さまの健康に奉仕する。
  4. 一、会社の繁栄と社員の幸福とが一致する経営をする。

エム・シーシー食品の品質方針

製品の品質向上に努める/お客様の満足を追求する/環境を守り資源を大切にする/本物のおいしさを追求する/品質システムの継続的な改善

エム・シーシー食品の品質システム

images

お客様にご満足いただく為に、私たちは、商品設計・開発・原材料・製造・販売までの一貫した品質システムを作りました。

このページの先頭へ